SNSフォローボタン

フォローする

長時間学習のすすめ

こんにちは、石嶌之広です。

今週日曜日にゴールデンウィーク勉強合宿を終了しました。

ゴールデンウィークでの合宿は初めての企画でした。

ゴールデンウィークは塾を休みにして・・・・と思っていたのですが。

「ゴールデンウィークに合宿はありませんか」

という電話をいただきまして。

「なんとかしてみます」

と回答したのが、きっかけになりました。(依頼されると弱いのです)

今年は5日の連続した休みがとれることもあって実施することができました。

勉強合宿では、一日勉強しますが、こうした長時間勉強をするというのはどんな感じなのか。

一人ひとり感じ方は違うと思いますが、実際に1つの課題について一日中勉強してみると筋トレとジョギングと登山が混ざったマラソンという感じと思います。

新しい未知の単元を学習する時は、筋トレのような独特の痛みがあります。

筋トレをすると、「この痛み大丈夫なのかな」というような不安になる痛みを感じるものです。

「こんなに痛いけどみんなそうなのかなあ」と思いながらも続けていく。

長時間の学習を進めながら新単元に進むときは脳内活動ですので実際には痛みはないはずですがそんなような独特の痛みのようなものを感じます。

そして練習問題に取組みすると、苦手な分野ではそこが登山の辛さです、それを乗り越え演習問題をするときは、爽快なジョギング。

ある程度マスターすると、身に着けたスキルを活かして問題を解いていくのが爽快な感じなのです。

それらのペースを整えながら坦々と継続する一日マラソン。

長時間学習はそんな感じです。

長時間学習は「詰め込み学習」という非合理的な勉強です。

勉強方法について書かれた書籍にはほとんど、こうした詰め込みは非合理的、毎日の積み重ねが。。。って書いてあります。

確かにそうです。

でも長時間学習はとってもおすすめです。

何故ならば効果的だからです。

「そんな非合理的な勉強は嫌だ」なんて贅沢言わないで、非合理でベタな長時間学習を是非やってみてください。

中学校時代にこうした勉強をしないなんてもったいない。

長時間学習、絶対おすすめです。

今回は以上です。

石嶌之広

追伸1

1日の長時間学習の一番のポイントは、やることを一つだけに限定することです。

英語の単語、数学の計算、1年生(2年生)の文法、社会(理科)の復習または次回テストの想定範囲のみ等。

誰か先生に手伝ってもらえるのであれば英語の総復習、数学の総復習等、一つだけに絞ることが一番重要です。

ほんのわずかでも複数にすると絶対といっていいほどブレて効果が半減以上します。

追伸2

夏休みまでに一度は長時間学習の機会を作りたいという方。

どうぞご相談ください。

メールでも電話でもOKです。「長時間学習について」とお電話ください。

0120-946-344

365日(8:00~20:30)土日祭日問わず毎日受付

お気軽にどうぞ。

追伸3

メール相談をそろそろ再開しようかと思います。

ご希望される方は、メールアドレス

info@1singaku.com

件名「メール相談」でご連絡ください。

追伸4

夏休み勉強合宿の受付を開始しました。(各日程定員6名予約都合で8名までの限定)
http://study054.com/natu/

トップへ戻る