SNSフォローボタン

フォローする

昨日のお昼は中華丼とあんかけラーメン

昨日のお昼は、中華丼とあんかけラーメン。

どうしても、あんかけの餡が気になってしかたがないので、再び中華丼にした。

そして自分は、ラーメンに中華丼用の餡をのっけてあんかけラーメン。

ラーメンは床下にあったインスタントラーメン。

床下から無造作にとって使ったマルちゃん製麺。

作ってみて気が付いた、味噌ラーメンだった。まあいいか。

餡の感じは前回より良くなっている。

でも味の薄さはあまり変わらない。ラーメンにはちょうど良かったけれど御飯だと少しもの足りない感じだ。

レシピを見直してみると、オイスターソースや醤油が使われていることがわかった。

もしかしたらこれかもしれない。

それで今日のお昼は、台湾料理屋さんの680円中華丼にしてもう一度餡の様子を確かめてみた。(友人のおごりでタダだった)

やっぱり、オイスターソースか醤油かで味付けがしてあるようだ。自分で作っているのと少し違う感じがしたのは、餡自体にダシがあまりきいていないようだ。

中華スープに醤油かオイスターソース、そして片栗粉少々。具材を炒めた鍋にいれてチョイと温めたらお皿に移動。

そんな感じだ。作るところを見ていないけどきっとそうだ。

天津飯のときは何を混ぜるのだろう。中華スープに酢、そして片栗粉少々かなあ。

昨日の中華丼で、片栗粉を使うときの同量の水の意味がわかった。

それと中華丼の場合はお皿ではなく少し深いもののほうが具が前面に出てくる。

こんど専用の器を作ろう。

少しずつだけど確実に上達していると思う。

トップへ戻る