SNSフォローボタン

フォローする

きのうのお昼は中華丼

先週のおひるは中華丼。

先週の中華丼から、オイスターソースと醤油がプラスされた。

野菜や肉を炒めるときの味つけ以外にオイスターソースと醤油に塩・コショウ・鶏がらスープの素などを混ぜたものを加えることにした。

そうしたらいままで味が薄かった中華丼の味がはっきりくっきりしてきた。

自分で作った中華丼がうまいと思ったのは初めてだ。

おいしい中華丼が出来るようになったのではと思い、今週も中華丼にした。

このところ毎週木曜日は中華丼である。

野菜炒めに野菜スープを多めに入れて少々煮込み状態にしてから

オイスターソースと醤油そのた調味料のブレンドを加える。

前回は、冷凍室にあったご飯を解凍するためにフライパンで炒めたご飯を使ったが、今回はジャーに入っているごはんを使った。

片栗粉の同量の水の意味も理解している。

火をとめ片栗粉を混ぜた水を入れてとろみをつける。

そしてごはんに具をのせる。

できあがった中華丼はおいしそうにみえた。

母も「おいしそう」と言う。

中華丼は本当においしかった。

レシピはクックパッドの投稿を参考にさせていただいている。

レシピはとても大切だ。

おかげでおいしい中華丼を作ることができるようになった気がする。

来週も中華丼にしようか悩む。

こんどは卵とじが上手にできるようになりたいと思っているけどどうしよう。

トップへ戻る