お子様のやる気・成績に悩んでいませんか。 ご安心くださいお子様のやる気・成績は必ず上がります。
ふくろうの森


ホームページ新着情報
やる気のスイッチができました
塾経営者応援ツールのサイト新設
“伝えよう100年後の未来に”
“勉強についてもう一度考えてみないか”



ようこそふくろうの森ホームページへ

 

勉強は未知への挑戦です。ページをめくるたびに新しい未知がやってくる。

いつまでもつづく真っ暗な道を、手探りで進んでいく。

 

闇の中に差し出した手の先に未来がある。

 

そしてその手に触れたもの

それが、時代の最先端です。

 

辛くて厳しい挑戦を通して、子供達の生きる力を培っていく。

その教場としてふくろうの森が始まりました。

 

勉強で身につく力

勉強することで身につく力

 

学力 ・ 努力 ・ 気力

 

【学力】

昨日より今日、今日より明日と勉強をつづけることで学力がつきます。 一歩一歩は目に見えないほど小さいかもしれません。

それでも毎日の勉強が確実に学力をつけていきます。

学力とは、学ぶ力です。学ぶ力をつけることで、新しい世界が広がってきます。

 

【努力】

勉強は、強という字をつかいます。勉強を継続することは、とても辛く大変なことなのです。

勉強をつづけるためには努力という力が必要になります。

努力という力をきたえる修行が勉強です。

【気力】

勉強をすれば、必ず成績が上がるかといえば、必ずしもそうではありません。テストの点が上がらない、やってもやってもわからないことばかり。

それでもつづける力。それが気力です。

 

勉強の悩みを乗り越える最良の方法は勉強をすることです。どんなに苦しい時にもあえて苦しいことをする力、それが気力です。

勉強をつづけることは気力をきたえます。力をつけ強くなりましょう。

 

 

小学生・中学生・高校生のみなさんへの伝言 新しい物語

 

 

新しい物語君がこれから歩む道それはながくけわしい道だ。大きな壁のようにそびえたつ山。どんぞこが見えない深い谷。

君はその山に登り、そしてその谷に落ちる。でこぼこの道をはいずるようにして進む。

 

それでも行こう。なぜならば・・・

 

今、君達には大きな使命がある。それは勉強をすること。そして君達が持っている気持ち。それは、「勉強がしたい」という気持ち。

そんなことは誰も思わないというかもしれないけれど。どうだろうか、学校の授業中やテストの前後。

「もし勉強ができたら」。そう想う時、その気持ちは宝物のように輝いていないだろうか。

 

今、家で毎日勉強している人、塾に通っている人、家庭教師に来てもらって勉強している人の中にも、もしかしたら本当はもっとできるんじゃないかと思っている人もいるかもしれません。

どこかできっかけをさがしているのではありませんか。優等生も不良もみんな同じ気持ちです。「本当は勉強がしたい」。

そしていまやっていない人ほど、心の中では叫び声をあげているのです。

 

“勉強をするということ”そこはつらい道。とても大変な道。だから行くのです。

君しか知らない新しい物語を始めるために。

 

 

小学生・中学生・高校生のみなさんへの伝言 新しい物語 2

 

 

 

物語には英雄が登場します。

 

こまったときに現れる英雄。

 

それは男性であったり女性であったり大きな大人であったり小さな子供であったり。

 

物語によっていろいろな英雄が登場します。

 

物語がはじまったばかりのとき、英雄が登場しないことがあります。

 

最後の最後に英雄が現れる物語。

 

だれが英雄なのか最後までわからない物語。

 

 

そんな物語の登場人物に困ったことがおきたとき。一番最初に相談するのは誰ですか。

 

むずかしい問題を解決しなければならないとき、一番最初に相談するのは誰ですか。

 

いつも一番たよりにしている人は、誰ですか。


ところで何のために、君は勉強をするのか。

 

その理由の一つ。

 

勉強は、強い自分をつくるため。

 

もう一つ。

 

勉強は「力」を身につけるため。

 

 

ひとつの物語の一番最後にやってくる真の英雄がいます。


それは、ながいながい物語の間に強い力を身につけた君自身なのです。


君自身を鍛えるために勉強があるのです。

 

 

だから「本当は勉強がしたい」と思うのです。

 

自分のために。


たよれる自分をつくるために。


 

小学生・中学生・高校生のみなさんへの伝言 新しい物語 3

 

 

 


あなたは勇気を持っていますか。

     
朝、起きる勇気。

 

 

学校へ行く勇気。

 

先生のお話を聞く勇気。

 

自分の思っていることを話す勇気。

 

相手の人の話を聞く勇気。

 

良いこと悪いことを考える勇気。

 

ありがとうと言う勇気。

 

ごめんなさいと言う勇気。


いっぱい勇気をもっています。

 

さあ、その勇気を自分のためにつかいましょう。

 

自分のために足を一歩だす勇気。

 

最初は、誰かに背中を押してもらってもかまいません。

 

あとからお礼を言えばいいのです。

 

勉強する理由は、なんでもかまいません。

 

学校テストの点を取るためでも、高校入試のためでも、君の事を心配している家族のためでも。

 

自分のためなら一番いい。

 

どんな理由でもいいのです。

 

最初に一歩、そしてつづけて一歩。

 

良い結果がでるかもしれません、やってもやっても良い結果がでないかもしれません。

 

小さな一歩を毎日毎日つづけていく事が全てなのです。

 

勉強を一生つづけていきましょう。

 

君が歩いた後には、道ができます。

 

君がいなくなったあとも誰がその道を通ります。

 

その誰かが、その道を通ったあとに、新しい道を進んでいくでしょう。

 

私達は、勉強によって、決して見ることができないはるか遠い未来を造ることができるのです。

 

それを創造といいます。

 

ようこそ

 

100年後、200年後の未来を造る教場。

 

ふくろうの森へ

 

 

 

 




Copyright(c) 2014 fukurounomori. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com