ふくろうの森 中学生の部 2×1個別学習

対象:中学1年生・2年生・3年生

このような中学生におすすめです

なんとしても学校成績をあげたい。

テストで40点以上取りたい。

やればできるのにやる気がない。

勉強は大嫌いだけれど、なんとか少しでも勉強の機会を持って欲しい。

わずかであるが危機感を持っていて、やる気も少しあるようなので、自分では進められないところを補助できたら。

短期に効果を出しやすい1×1・2×1個別学習、家庭教師

個別学習教室ふくろうの森は開講して10年と半年になりました。

私達は教室で学習指導を行う個別学習と家庭教師による個別対応の学習を追及してきました。開講時より行っていた2×1及び1×1の個別による学習や、開講2年後に始めた家庭教師は学習をスタートして早い段階で学習効果をみることができる内容でした。

開講して3年目にはっきり気がついたこと

そして開講して3年目にはっきりと気がついたことがありました。それは、こうした学習指導方法は一時的効果は高いけれど伸びしろに限界があることです。1年目はよかった、しかし2年目は伸びない。早いうちに成績アップした生徒の中には1年を待たずして低迷していくというような状況も多々みられました。

個別指導の方法を徹底研究し実践

そのために個別指導の方法を徹底追及する日々が続きます。例えば成績を上げることが上手な講師の授業を検証し行動分析を行い発見したリアクション、テンポ、褒める認める言葉のタイミングなどの特長を突詰める。ポイント解説時の生徒によるリピート箇所を指定していく。テレビのニュース解説者や子供達の会話速度を測定。所定数の文字の読み上げをストップウォッチを使い練習をするなど、数々の指導スキルを作り出し実践していきました。

個別指導の追求は、授業内スキルにとどまらず、授業時間の長さ開始時間、ローティションのなど環境面の変更にも及びます。

脱手取り足取り、伸び代をつくる自律個別学習

しかし、こうした手取り足取り学習では一時的効果は高いけれども伸び代にどうしても限界があったのです。家庭教師においては伸び悩みがあっても保護者の方は「家でこれだけ一生懸命やっているのだからしかたがない」と受け容れてしまう。私達はどうしても納得がいきませんでした。なんとしても結果を出したいのです。
 
さらに研究して実践した結果たどりついたのが、個別パーティションを取り外した現在の学習方法です。短期になにかしらの効果を出すことができる可能性。そして何より伸び代に期待ができる個別は手取り足取りを払拭する条件を満たす指導方法にありました。

用はお子様の状況が本当に家庭教師による学習がふさわしいかを判断し特定の条件でふくろうの森が認める数名のスペシャリストによるものに限定することにしました。

学習者自身が「やろう」と思ったら短期に伸びる個別学習の長所を持ち、より以上を本気で望んだ時の伸びしろは計り知れない。そうした可能性を持った個別学習指導です。私達はこれをふくろうの森の通常学習としました。

支えがないと心が分散してしまう子供達

開講してからの10年、中学生の子供達の様子は変わらないものもあれば、変わっているものもあります。少しずつ変化するものは中々気がつきませんがこの一年二年で気がつくことは、子供達が極度に受動的であることです。

ふだん通ってくる生徒達だけではなく季節講習時に県外全国からふくろうの森にやってくる中学生達をみると、行動依存の高い子供達が年々増えているように感じています。

ゲームや携帯LINEなどによるマルチタスクの生活習慣が影響しているのでしょうか。

いつも近くにいて適時にアドバイスを受けることで学習に取組みすることができるけれども指導者が1メートル離れ、隣の支えがなくなると心が分散し問題への集中ができなくなる子供達。

こうした子供達にとって、ある程度の自律が必要になる現在の学習方法は時間のロスや教科指導以外の声かけが多く必要になります。このことは内発的動機を抑えてしまうことにもなりかねません。

短期に「出来る感」を育て自律学習のステップとして2×1個別を再開

しばらく熟考を重ねていましたが、2×1個別学習を一部再開することにいたします。
2×1及び1×1の個別学習や家庭教師の良い点は、ピンポイントで必要な解説を講師の判断で適時瞬時に行うことができる点です。

 これは反対に指導過密による依存や学習進行の停滞をまねく重大な短所でもあります。過去こうした個別で年間を通した計画的学習ができるよう、手取り足取り学習の欠陥ともいえる要所を成長効果に変える活動をしてきました。現在採用している学習方法も、この活動が原型になっています。

 今回の2×1個別学習は、自律する学習が可能になるようにしていくステップが必要な子を対象に行います。

 2×1及び1×1の個別学習や家庭教師の本来持っている性質から矛盾する目的は求めず、ピンポイントで必要な解説を講師の判断で適時行うという長所を最大利用し、幼少の子に滑り台の使い方を教えるように、必要最小限の段階を経て自律的学習に導くことによって年間を通した計画的学習を可能にする第一歩となる内容にしていきたいと考えています。

 どうぞ、学校の勉強に悩む中学生の方、いままでに何もしていない、集団学習で伸びない、家庭教師で進度が遅れて取り戻せないなどお困りのことがありましたら、このふくろうの森の2×1個別についてお問合せください。

ふくろうの森 代表

 

中学生2×1個別学習詳細

時間帯・曜日

火曜日19:30~21:00 木曜日19:00~20:30 いずれか選択(90分)

学習教科

数学・英語 (理科・社会・国語は、応相談)

月謝

週1回(月4回)13500円 週2回(月)8回21600円

 

入会金 5400円

 

年間教材費

1年生・2年生 1科目 4900円

3年生 前期 1科目4900円  2科目7900円
    後期 1科目2700円 2科目 4900円(入試対策向教材を使用します。)

 

諸経費 半期毎1,500円

 

期間 3年生卒業年度3月28日まで。

 

 

一般講習と併用することができます。

数学・英語

1科目 +9700円

2科目 +12000円

理科・社会・国語

講習費 無料  

教材費 7500円

※価格はすべて消費税込み価格です

お問合せ

電話

土日祭日問わず365日受付 8:30~20:30分

 

EMAIL