漢字の練習 忘れたころに思い出す。

今日は、少し暖かな日です。

お昼になって眠くなってきました。

お昼ごはんを食べて、さらに眠くなる前に。

勉強のお話です
題:漢字の練習方法、忘れたころに思い出す。

暗記の勉強で大切なのは、思い出すことです。

小学生の時は、漢字ドリルの漢字をノートに同じ漢字を書く、書く、書く、書く、書く、書く・・・が中心でしたが。

暗記のためには、思い出す練習が大切です。

漢字を書くのは1回

書いたら次の漢字を1回

20個くらいの漢字を1回ずつ書いて、そして違う漢字20個くらいを1回ずつ書いて・・・、

もう一回、違う漢字20個くらいを1回ずつ書いて・・・、そして違う漢字20個くらいを1回ずつ書いて・・・、

人は7個以上をいっぺんに憶えることは困難です。「マジカル7」ですね。

そのため、沢山憶えなければならないことは、7個以下のグループに分ける(チャンク化する)と合理的です。

でもしかし、勉強会では、「マジカル7」「チャンク化」無視。

憶える先から、忘れて、また憶えなおして、また忘れて・・・・

20個位の4つのグループの漢字を繰り返し繰り返し・・・

忘れてしまうところでまた憶えなおして・・・・

漢字の練習は、忘れたころに思い出す訓練が大切です。

なにしろテストの時には、時間内に思い出せなければ知らないことになってしまいますから。

今回は、以上です。

ふくろうの森 相談コーナー
http://www.study054.com/sodan.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。