やればできる子

こんにちは、石嶌之広です。

今回も、よくわからないお話をします。

今回の題は、やれば出来る子です。

教室では、同じテーマでもお母さんへお話する内容と生徒達へお話する内容が 違うことがあります。

今回はお母さんにお話をする内容でお伝えいたします。

教室をスタートして10年になろうとしています。

およそ10年前より学習塾について知ることになりました。

その頃の学習塾の広告でよくあったのが「やる気があれば大丈夫」でした。

入塾テストがある学習塾に対して、「うちの塾には入塾テストはありません やる気があれば大丈夫です」という言葉がよくありました。

実際に教室を始めてわかったのが、中学生のほとんどは勉強に対して やる気がないということです。

そのため、やる気がなくても、とりあえず教室に通って、最初はむりやり 勉強を始めてやっているうちに本気になっていくという教室に自然になりました。

最近、見聞きする言葉で気になるのが「やれば出来る子」です。

初めて教室に来たときの三者面談で、「やれば出来る子なんですが・・・」 よく聞きます。

実は、やれば出来る子というのは、「やれば出来る子」なんです。

お母さんが「やれば出来る子」といえば、「私は、やれば出来る子なんだ」 と思います。

もしやれなかったらどうしましょう。

お母さんが「やれば出来る子」と思っているのに、もし出来なかったら。

お母さんの期待に応えたい。

子供達はみんなそう思っています。

今回は以上です。

※誤字脱字文法誤用等お許しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。