非効率に生きる

今回は、「非効率に生きる」です。

なんでも効率よくいきましょう。

まあいい言葉です。

でもいいます。

できることならばどんどん非効率を経験していきましょう。

とりあえず待つということからはじめてみましょう。

「待つ」が初級編になります。

出発時間が9:00のバスに乗る

ならば8時30分に行って待ちましょう。

多くの人が9:00ぎりぎりに行こうとします。

でもあえて30分早く行って待つのです。

そして何をするか。

何もしない。

ipodで音楽を聴いては絶対いけません。

携帯でメールを打ったりラインをしたり絶対いけません。

本を読んでもいけません。

何もしないで待つ。

行きかう車を見ながら、町の騒音を聞きながら、空を飛ぶ鳥を追いながら。

ただ待つ。

何もない空白な時間を空白に過ごす。

何もない退屈な時間を退屈に過ごす。

歩行者信号が点滅したら足をとめて次の青を待つ。

一度に持てる荷物も一つずつ持って2度3度往復する。

うっかり忘れ物して引き返すようなことがあったときは、その非効率な行動を 「非効率なことがおきてラッキー」と思ってください。

非効率に生きる。

おすすめです。

英単語を一瞬に簡単に楽チンに覚える10万円のノウハウよりも。

何回も間違えて何回も間違えて、ああいつになったら覚えられるんだろうと 嘆きながら繰り返す思いっきり非効率なノウハウを選択する。

とにかく非効率にいきましょう。

今回は以上です。

誤字脱字文法誤用お許しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。