高校入試 成功と失敗

こんにちは、石嶌之広です。

今回は成功と失敗について。

中学3年生の合格発表があります。

発表前日の生徒に話すこと。

受かったら絶対嬉しいから素直に喜ぼう。

自分を讃え、そして背景にあった人たちに感謝する。

かっこつけてごまかしたら絶対駄目だ。

不合格だったら絶対悲しいから素直に悲しもう。

気持ちが落ち込んだら素直に落ち込もう。

後悔したら素直に後悔しよう。

ここでごまかしたら駄目、将来、同じようなことがあったらまたごまかす。しっかり悲しみ落ち込み後悔することが大切だ。

その後で気がついて欲しい。

このままずっと悲しんでいても、落ち込んでいても、後悔していても、残念ながらドラエモンのポケットはここになく、将来君達が作るまでタイムマシンもない。

だから過去に行ってああしたこうしたはできない、未来に行くしかないのだということを。

合格して充分喜んだら、不合格で充分悲しんだら、また屈伸して立ちあがろう。

合格発表の合否は成功と失敗ではない。

合否は他人が決める、他人が決めたものでは成功も失敗もない、合否は道が決まったということにしかすぎない。

その道でどうするかで成功と失敗が決まる。

今回は以上です。 石嶌之広
誤字脱字文法誤用お許しください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。